ジェスカイ門徒の活動記録

ジェスカイ出身のPWは僕です

【ヴァイス】WGPトリオサバイバル使用構築【リトバス】

日曜日に行われましたWGPヴァイスシュバルツステージ東京大会に参加してきました!
結果からいうとチーム2-2個人2-2で死ぬほど微妙な結果になってしまってあれでしたが構築自体がかなり自信あるものだったので書いておこうと思います
現環境(ニセコイ艦これ+なにかみたいな環境)において割と勝てるリトバスが組めたと思います
以下レシピ
Lv3
”再開の言葉”佐々美×1
幸せキャッチボール小毬×1
ステージ・オン!恭介×4
”踏み出した勇気”鈴×4
Lv2
さらば諭吉ぃっ!!×3
唯湖&葉留佳×1
”風紀委員長さん”佳奈多×1
Lv1
”次期キャプテン候補”佐々美×3
”夕焼け色の思い”鈴×4
”終わりと始まり”恭介×2
Lv0
リトルバスターズ”理樹×4
”好奇な視線”唯湖×3
枕できゃっちぼーる クド×2
どきどきどーなつ 小毬×2
イージスの盾!? 葉留佳×1
水鉄砲 葉留佳×1
リトルバスターズ”小毬×1
”前向きマジック”小毬×1
”大切なもの”葉留佳×3
CX
せいいっぱいの人形劇×4
あたしたちが付き合おう×4

以下簡単に解説
まずLv0帯から
ピンざしカードが割と多いと思いますがこれはクドや葉留佳、そしてリトバス理樹からとハンドに加える手段が多いためあまり問題にはなりません
リトバス理樹はもう説明不要の強さ。これはどのレベル帯で引いても強みを発揮するカード
好奇な視線唯湖は、”ニセコイ””艦これ””SAO”と環境に多いデッキの0には移動するカードが入っており、移動を許さないだけではなく打点が1500と”響”の1000より500大きいためチェンジで出てきた”べーるぬい”をこの位置に縛ることでほかのカードを守れる可能性があります
”イージスの盾”は相手のカードを焼けるカードでCXを切ることができます それだけ
リトバス小毬”はおもに1と0レベル帯での活躍が多い 
上から殴るかレベルを上げて相討ちを回避するなど割と使いどころが多いです
”前向きマジック小毬”今の環境とこのデッキとの相性がいいカードです
前のキャラに相手のカードの対象にとられないという効果を付与するカードですがこのカードのいいところは”応援”という二文字があるところで恭介のサポートにもなりますし強い 強いの一言
あと”らしんばん”や”ホラーは苦手”などの対象にもなりませんし佳奈多の効果もスルーできるなど割とどころかかなり強い
今回のドヤ顔カード
次にLv1
ここは本当に単純 
盤面を維持する佐々美
1レべ以降ならどの場面で引いても強い鈴
今の環境にも強く、何より少し前に環境を席巻したデッキは軒並みゲート入りなので相当相性がいい
次にLv2
回復封じの佳奈多
カウンターの助太刀と諭吉
諭吉の強さは使うと本当に実感する まーじで強い
次にLv3
普通のデッキより少し枚数が多いように感じますが恭介の効果でめくりたい場面も多いですし割と何とかなる

ヴァイスのデッキの記事初めてちゃんと書いたんですけどレベル上がるにつれて対して書くことなくなっていきますね
やっぱりヴァイスにおいて大切なのは0レべ帯なんじゃないかと思います
今回当たったタイトルが”SAO””ファントム””艦これ””リライト”でした
2-2という微妙な結果だったので適当に書きます
SAOは終始こちらが有利に盤面整えていいところで鈴と対応引いて最後に恭介三面揃えてひき殺しました
楽しかったです
ファントムはこちらがCX事故起こしたのが一番きつかったのもありますが相討ちを入れていなかったのもあれですね
しかし当たる確率的にニセコイ艦これのほうが多いと判断して抜いていましたまぁいいか
艦これはメタを張ったとはいえやはり難しい
べーるぬい2面抜くのがこちらはLv1のパワーラインが低いため難しい
そのためにリトバス小毬とか入れたのですが引けなかった 悔しい
2000パンプの集中を入れてもよかったかもしれないですね
リライトはちょろかったです まじで
恭介おいてるだけで相手がつらい顔してたのは気持ちよかったです
最後の恭介でしめて勝ち

結局すごく微妙な感じで終わってしまったのであれな感じでしたが楽しめたのでよかったです
あとドクター・オーさんと最後に話す機会があったので話しましたが
ニセコイと二回当たってきついとおっしゃっていたのでやっぱりニセコイ相手は難しいのかなーと感じましたね
まぁ非常に微妙な結果でしたが自信ある構築だったのでドヤ顔でのせれてうれしかったです